お祝いをアピールするのに最適な電報

古風だからこそ思いが伝わる電報

スマホやパソコンなどを使ったネットショッピングで、花束やお菓子、贈り物を何でもすぐに送れるようになった近頃です。電報、と聞くと、少し古いイメージがするかもしれません。でも、そんな古いイメージの電報だからこそ、一手間も二手間もかけたような、一生懸命考えてくれたような印象があり、思いが伝わるのかもしれません。費用がけっこうかかることも一般的に知られているし、贈られたほうは急いで送ってくれて、手間や金額を惜しまずにお祝いをしてくれたんだな…と思いますよね。
最近は、ぬいぐるみ付き電報、押し花電報など、一工夫あるものもありますが、やはりメッセージにしっかりと思いを込めるのが一番だと思います。結婚式で読まれることを意識して、家族だったら思い出の感動的なエピソードや、お友達なら少しくすっと笑えるエピソードを織りまぜて、結婚式のその日が最高に盛り上がるように精一杯気持ちを表せたら良いですね。
遠く離れた所からの電報なら、例えば、「遠く離れた○○の地より、幸せを祈っています」「遠く○○の地にも幸せのオーラが漂ってくるようです」「幸せな笑顔が遠く離れた○○でも見えるようです」など、土地のことを書くとリアリティと親しみがわきますね。離れている、ということをむしろアピールして、しっかりお祝いの気持ちを伝えたいものです。電報はそれにピッタリのアイテムだと思います。

結婚式に電報を送る方法

結婚式に出席したいけれどもできない場合などには、お祝いの言葉を電報で送ることが可能です。電報は通信手段を使ってメッセージを送るサービスで、一般的に伝えたいメッセージを台紙に添えて送ります。電報は慶弔両方のケースで使用でき、それぞれに相応しいメッセージのサンプルがたくさんあります。もちろん、オリジナルのメッセージを送ることも可能です。
では結婚式で電報を利用する場合の方法を、簡単にご紹介します。まず電報を扱っている会社は、専門の電報会社か電話会社になります。申し込む方法は各社とも、インターネット、電話、FAXなど複数の方法があり、都合に合わせて選べます。大変便利なのは、インターネットです。画面で確認しながら申し込み方法が分かりますし、多彩な台紙や一緒に添える贈り物を画面で確認しながら選べます。画面に従って必要な情報を入力し、所定の方法で支払いを済ませるだけです。
電報は結婚式の当日、式に間に合うタイミングで結婚式場に届けられます。そのため申し込みをする際は、結婚式場の名前や場所、式の日時や贈る人の名前などの情報を入力する必要があります。支払いの方法は各社で指定されていますが、便利なクレジットカードの利用が可能です。電報は手間が掛からず、お祝いの気持ちを伝えられる方法としておすすめです。

update list

お祝いを伝える結婚式の電報の種類とは

結婚式の電報は魅力的 親類や知人など親しい方が結婚する場合、式には出席しないけれどお祝いの言葉を送りたいと…

read

結婚式の電報はインターネットでラクラク

結婚式の電報は簡単に出せる 結婚式にいくことができない時、電報を送る人が多くなっています。その気持ちを少し…

read

センスを感じられるインパクトのある電報とは

ガラスの靴の電報 今年の1月、結婚式を挙げました。朝早くに結婚式の準備のため式場入り。控室には既に電報が届…

read

結婚式に素敵なツール

最新の結婚式の電報 バルーン電報やぬいぐるみ電報など、最近の結婚式の電報はバラエティに富んでいます。単にお…

read